このガジェットでエラーが発生しました

読後ではない印象は「読中…?」


「私はあの戦争を引き起こしたのは新聞社だと思っている。日露戦争が終わって、ポーツマス講和会議が開かれたが、講和条件を巡って、多くの新聞社が怒りを表明した。(中略)国民の多くは新聞社に煽られ、全国各地で反政府暴動が起こった。」百田尚樹著「永遠の0」講談社文庫p.423 

今、読んでいる「永遠の0」(少し遅きに失しているかも)。著者の百田さんは同志社出身。先日、校友会大阪支部でお会いしました。「海賊と呼ばれた男」を読む前に、先に読もうと思って手にしました。特攻ということばすら風化していくなかで、読んで良かったなと感じています。

「永遠の0」は零戦(零式艦上戦闘機)の素晴らしい飛行能力の記述に、開国以来の日本の技術調和、開発能力、いまでいうイノベーション能力の素晴らしさを提示してくれます。素晴らしいものを作っても、「人」を活かす術がない象徴が、敗色濃厚な段階での特別攻撃隊いわゆる特攻作戦。

子ども時代にお小遣いを貯めて、プラモデルを山ほど作りました。その中には勿論「ゼロ戦」や「グラマン」などなど。また戦記物の雑誌も読みましたが、オタクと呼ばれるほどではありませんでした。小説「永遠の0」では風化が言われて久しい、「戦争」の記憶を戦死した実の祖父を辿るお話。

生き残った人たちの取材を通して、実の祖父が「特攻」で死んだ事実を探っていく展開です。まだ最後まで読んでいないのに、先ほど紹介した「戦争を引き起こしたのは新聞社」という台詞で止まってしまい、つい呟いてしまいました。(苦笑)では、読み進めます。

以上今日の呟きから近況報告に変えて書きました。いきなりの台詞からの書き出しで面食らった方もおられたかも…。