このガジェットでエラーが発生しました

2009年11月28日(土) セレッソ大阪・ホーム最終戦


今日はセレッソ大阪の長居スタジアム今年最後のホームゲームです。

市長になって初めて試合開始から最後まで観戦できそうで、楽しみにしています。セレッソ大阪は長居スタジアムがホームですが、来シーズンからはスタジアムの横にある球技場を改修し、2万500人収容のサッカーファンにはたまらない迫力満点のスタンドとの距離感が実現します。

確かに4万人収容の現在のスタジアムもいいのですが、トラックがあるので最前列でも選手の息遣いなど細かな迫力に欠けるのはいたし方ありません。来年4月から工事にかかり6月末には完成予定で、芝のつき具合などから試合に使えるのは8月ごろになりそうとのこと。

長居スタジアムの距離感とは全く違う凄い迫力になりそうで、J1復帰にふさわしい熱戦を期待できそうです。長居球技場の供用開始時にスケジュールが合えば是非大阪市民チームのセレッソを応援に行きたいなと思っています。

プロスポーツといえば野球しか思い浮かばなかった昔と違い、様々な競技がプロ化していく中で、青少年の健全育成や健康増進、さらに「夢」事業としてのプロのスポーツチームに行政が期待するところも大きくなってきています。

チーム側も地域社会への貢献を大きなテーマに掲げられ、毎年市民対象の様々なイベントや行事を実施していただいており、こうした動きに是非大阪市としても積極的に関与したいと思っています。

今年の7月5日に長居スタジアムで行われたベガルタ仙台の試合前、30秒スピーチをさせてもらいました。遠く仙台から応援にこられたベガルタファンに「今日は勝たせてもらう」とアオッてしまい、スタンドの大半を占めるセレッソファンからは大声援、ベガルタファンからはブーイングの嵐となったのも楽しかった思い出です。

今日もご挨拶させていただくなら何を言おうかな…30秒を超えて叱られそうだなと今から心配していますが、J1復帰なったシーズンのホーム最終戦ですから、少々のことは許していただけるでしょうか。

17時試合開始が楽しみです。